« 動きが・・・鈍い キヤノンEOS KISS DIGITAL | トップページ | 7875円のキヤノンEOS10Dを見送った »

2010年4月15日 (木)

中古のデジカメ一眼レフカメラを見る時の注意点

 過去の記事「中古のデジカメ一眼レフを買うときの注意点」では、付属品の有無について記述しました。使用する場合だけでなく、売却するときにも付属品の有無は価格に大きく影響するからです。また付属品が揃っている中古は概ね美品が多い傾向にあります。ただし、そういう傾向があるというだけで、決定打ではありませんので注意が必要です。

 では、カメラそのものはどう見るべきか?私個人の拙い経験から見るべき点を挙げてみたいと思います。

 まず、背面の液晶画面に傷があるかをチェックします。今は、液晶保護フィルムも発売当初から売られているので、保護フィルムを貼る人は少なくありませんから液晶に傷の多い個体は保護フィルムなしで、手荒に使われた可能性があります。偶発的な傷で無い限り、要注意です。下取り査定のときも液晶の傷は厳しくチェックされることが多いです。逆に言えば、液晶にちょっとした傷がある以外に特に問題が見つからず割安という個体があれば、実用で使いつぶすのならば、お買い得品といえることもあります。

 次に全体の傷を見ますが、銀塩時代と違って買い替えのサイクルが短いので、目立つ傷の多い中古というのは実はそれほど多くはありません。つまり、明らかに使い込んでいて傷が多いという個体は、オーバーホールを含む修理代を考えても割安というレベルでなければ避けたほうが良いでしょう。悩んだら、お店のスタッフに納得するまで質問し、相談して買うと良いと思います。ネットオークションの場合は疑問点を出品者にきちんと質問しましょう。底面の傷は無いほうが良いのですが、バッテリーグリップを装着しているとほとんど傷がつきませんので要注意です。また、ストラップの取り付け部の擦れが目立つものは良く持ち歩かれたものだと言えるでしょう。

 シャッターの使用回数は、機種によってはExif情報などから類推できたり、サービスセンターで確認できるものもありますが、店頭で確認できるケースはほとんどありません。本当は車の走行距離のように分かれば、安心できるのですが、これはある意味、どうにもなりません。

 ファインダー内などへのホコリの混入は気になる人は気になるところですが、撮影に影響がないことも多いので、あまり神経質にならないほうが良いと思います。ただしカビは要注意です。

 また、カメラ店などの独自の長期保証の保証期間が残っているものが出てくることもあります。保証を提供している店に、保証が継承できるかを確認したうえで購入すれば、普通の中古より安心して使えるでしょう。

 数は少ないのですが、現行品を中心にメーカー保証書未記入の中古が出てくることがあります。保証書は未記入のままではまずいので、購入するときなどに記入してもらったほうが良いのですが、こういうものは未使用に近い状態のものが多いので狙い目です。ただし、人気機種だと価格コムの最安値より中古が高いといったこともあるので、新品より高くないかというリサーチは必要です。

 最後に中古ではありませんなが、少し前の機種が展示処分品として割安に出てくることがあります。ショーウインドーの中だけで展示されていた個体ならば、ほとんど痛みは無いのですが、店頭でデモに使われていたりすると、中古以上に中古な状態というケースもあります。付属品も保証書をはじめ、何かが欠品していることもあるので、中古を見るのと同じ視点でチェックする必要があります。

 可能ならば、中古品は撮像素子のクリーニングなどの手入れも兼ねて、購入後早い段階で、メーカーのサービスステーションに持ち込んで点検することをお勧めします。もちろん、不具合がみつかれば、購入したお店の保証内容に沿って対応を依頼しましょう。

 でも、少しでもリスクを減らしたいという場合は、あまりジタバタせず、名の通ったお店で新品を買ったほうが安心です。安く買うには、相応の手間とリスクがあるということをお忘れなく。

« 動きが・・・鈍い キヤノンEOS KISS DIGITAL | トップページ | 7875円のキヤノンEOS10Dを見送った »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中古のデジカメ一眼レフカメラを見る時の注意点:

« 動きが・・・鈍い キヤノンEOS KISS DIGITAL | トップページ | 7875円のキヤノンEOS10Dを見送った »

初代キスデジで紅葉を撮る(竜頭の滝)

  • 初代キスデジ EF500mmF4L-IS
     初代キスデジで撮影した竜頭の滝の紅葉です。EF500mmF4L-ISやEF-S18-55mmF3.5-5.6IIやEF-S18-200mmF3.5-5.6ISなどを使用して撮影しています。

キスデジNで紅葉を撮る(竜頭の滝)

  • キスデジNで撮った紅葉 18-55IIズーム
     キヤノンのキスデジNで撮影した竜頭の滝の紅葉です。レンズキットに付属している手振れ防止ナシのEF-S18-55/3.5-5.6IIズーム、純正の手振れ防止ズームEF-S18-200/3.5-5.6ISズームのほか、単焦点の超望遠レンズ、EF300mmF2.8L-ISやEF500mmF4L-ISも使用しています。  旧型機のキスデジタルNでも様々なレンズを駆使することで、デジタル一眼レフならではの幅広い表現が可能です。

初代キスデジで東京スカイツリーを撮る

  • 桜と東京スカイツリー
    初代キスデジタルとシグマの18-200ズームで東京スカイツリーを撮影しました。ビルに映る東京スカイツリーは、どんぴろさんのブログ「どんびろのつぶやき」(http://donbiro.at.webry.info/)とTwitter「donbiro」(http://twitter.com/donbirohttp://twitter.com/donbiro)を参考にしました。

初代キスデジで墨田公園近辺のサクラを撮る

  • 墨田川沿いの桜
    初代キスデジタルとシグマの18-200ズームで隅田川や浅草近辺の桜を撮影しました。

初代キスデジで新宿御苑のサクラを撮る

  • 新宿御苑の桜 06
    初代キスデジとシグマの18-200ズームで撮影した新宿御苑のサクラの写真です。

初代キスデジで目黒川のサクラを撮る

  • 目黒川の桜 01
    初代キスデジとシグマの18-200ズームで撮影した目黒川のサクラの写真です。

初代キスデジでサクラを撮る(その1)

  • 密蔵院の枝垂桜
    初代キスデジとシグマの18-200ズームで撮影したサクラの写真です。特に断りが無いもの以外はすべて東京都内で撮影したものです。

2010年3月22日にっぽん丸見学会

  • オーシャンダイニング春日
     2010年3月22日に横浜で行われた、にっぽん丸の見学会の様子です。